内村航平がアナザースカイで食べたロンドン”Hawksmoor”のステーキを食べてきました。

どうも、高田です。

みなさんはTV番組「another sky」は好きですか?僕は好きです。

2017.12.22放送のanother skyで内村航平がロンドンの街を満喫する姿がありました。

その中で内村航平が訪れた場所の中の1つに「Hawksmoor」がありました。

今回は去年の8月に、そのHawksmoorに行ってきた話をします。


Hawksmoorについて調べてみた。

行った話をする前に、Hawksmoorについて少し話します。

世界2位ってなに? 本当に人気なの?

ステーキ専門店。
今一番予約が入っているレストランとしてTime Out誌に紹介されたお店。ステーキが題材のドキュメンタリー映画で、世界で2番目に美味しいステーキとして選ばれたことも。現在、イギリス国内で7店舗ある。

another skyより

another skyでの紹介を元に話します。

Time Outというのは、ロンドンの情報を発信しているフリーマガジンで、毎週発行されます。

ロンドンの週末イベントやレストラン、ショッピングなど情報量はフリーとは思えないほど、充実しています。

そんなTime Outで一番予約が入っていると紹介されるって結構やばいです。

次に、ステーキが題材の映画「Steak (R)evolution」で世界で2番という風に紹介されています。

が、この映画は2014年のものになり、現在の実際の順位はわかりません

ただ5年前とはいえ、世界2位に選ばれるなんて相当すごいですね。

また現在2019年ではイギリス国内に8店舗と放送時期より1店舗増えています。

肉へのこだわりがすごい。

Hawksmoorの公式HPで、肉へのこだわりを感じました。

その内容を話します。

まず、彼らはレストランを開く前に、「最高のステーキとは何か?」を求め世界中を旅しました

その旅で見つけた答えは「最高の英国産ステーキを作ること」でした。

また、世界で流通する牛肉は、コスト削減のために穀物を食べさせ、早く太らせていると記述がありました。

そこでHawksmoorは国内の農場と自分たちの考えるガイドラインに沿って、飼育することを決め実行します

それらの農場では、牛は芝生や枯れ草を食べさせ、ゆっくりと時間をかけて育て、最高の牛肉になった所で手で屠殺されます。

その後、さらに味と柔らかさを向上させるために、35日間の乾燥熟成が行われます。

ここまでして、最高のステーキを求める姿に感服しました。あと、google translate様ありがとうございます。

今初めて読んで、そんな手間暇かけたステーキを食べたんだと、感動してます。


予約も簡単でした。英語に自信なくても大丈夫です。

ステーキを食べる前に、サクッと予約の方法を話したいと思います。

予約と言っても、めちゃくちゃ簡単だったので、英語に自信ない人も大丈夫です。というか、僕は英語話せません。でもできたので平気です。

方法はいたってシンプル

  1. 公式HPから、行きたい店舗と空いている時間を指定して予約。
  2. 後日、お店から電話が来ますのでそれに応答すればOK!

お店からの電話は英語ですけど、難しくありません。

実際の電話内容はこんな感じでした。

「Are you 名前? You booked the table 日 from 時間 right?」

マジでこれだけでした。

正直予約した時の僕、は聞き取れなかったらどうしようと緊張してましたが、大丈夫でした。

時間等が合っていれば、YES! See you!!!で大丈夫です。

あとは、時間通りにお店に行って、受付で名前を言うと、テーブルまで案内してくれます。


いざ、実食ぅぅぅ!!!

さっそくオーダーをしていきます。

今回オーダーしたのは、T-bornステーキを700g!

友達と2人で食べます。

ついでに、シャンパンスターターでカルパッチョを注文。

このカルパッチョがかなり美味しかった。(写真撮り忘れました)

ローストビーフとチーズとソースの相性が抜群でした。

そして、待ちに待ったステーキ登場!

ん?…あれ?…小さくない?

と正直感じました。

下がサーロインで、上がフィレになります。

いやフィレの割合!!!!!!!!!!!!!!!!!

と思わず叫びそうでしたが、友達と苦笑いしつつ実食

一瞬で食べ終わってしました。

味付けは塩胡椒だけで十分なほど、肉本来の味が強いです。ミディアムレアに完璧に調理され、噛むたびに笑顔になってしまうステーキでした。

骨の周りの肉まで綺麗に食べました高級レストランで行儀悪いかな?とも思いましたが….。

サイズのことをスタッフに聞くと、そもそも骨の部分だけで数百gあるそうです。

なので、1kgがちょうどいい感じだよとのこと。

おそらく、初めに説明してたっぽいです。ただ、聞き取れませんでした

また行く機会があれば、その時に活かしていきたいと思います。

また、T-born以外にも他の種類のステーキもたくさんあるので、ぜひ行って挑戦したいです。


最後に。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

なんか失敗した感じになってしまいましたが、そんなことはなく、大満足でした。

日本から来た友達といきましたが、今まで食べたステーキで一番美味しかったと言ってました。

僕もそれには同意します。それほどに美味しかったです。

もし、イギリスで美味しいステーキを食べたい方は是非行ってみてほしいです。

コメント